「金融×IT」ボンズライフプランニング

logo

ブログ

【生命保険の審査】意外と知らない保険の裏話3-②

2017/11/13

こんばんは!

ボンズライフプランニングの柴山です。

前回は、

 「保険審査で条件が付いてしまった場合」の知っておきたい方法

  持病があっても加入できるタイプの「引受緩和型医療保険」

についてチラッとお話ししました。

今回は、続編として

「引受緩和型医療保険」

詳細を簡単にお話し致します。

――――― 一般の保険と何が違うの?

シンプルにまとめるなら、

一般の保険に比べて入りやすいけれども

保険料が高かったり、保障の範囲が異なったりします。

例えば、

下記のような健康状態に関する質問をクリアできたら

加入ができることがあります。↓↓↓

(※ 以下の設問は特定の保険会社を指す項目ではなく、

   あくまでも一例です)

 

□ 最近3ヶ月以内に受けた医師による検査、

   検診または診察により入院または手術をすすめられたことはありますか?

□ 過去2年以内に病気やケガで入院や手術を受けたことがありますか?

□ 過去5年以内に特定の病気で、

   医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがありますか?

と、このようなニュアンスです。

―――――― つまり??

「病気を患ってしまったから、保険加入は厳しいかも。。。」

と考えているとしたら、

まずは色々な保険会社の保険種類を検討し、

検討したけれど一般の保険に加入ができなかった場合は、

セカンドチャンスとしてこのような保険を検討してみるのも

良いのではないでしょうか!!

さらに情報をお伝えするなら、、、

保険商品によっては告知がいらない商品も存在します!

例えば、個人でいえば

【個人年金型保険】

法人でいえば

【傷害保障重点型の商品】

 (死亡保障に対するウエイトが低いので「貯蓄」がメインであったり、

  法人で経費削減などがメインであれば検討することも可能)

といった感じです。

専門用語もあるので、「何それ?」と思うかもしれません。

まあ、ここからはプロにお任せいただければと思います!(笑)

ここまで数回に渡って「保険審査」について

書かせていただきましたが、

つまるところ、

保険加入には「健康第一」!

ただ、

「ばっちり健康でなくとも、

   手を変え品を変え、色々検討できますよ~

 諦めることありませんよ~」

と言いたいわけです!

 

少しでも皆様に

「へ~!そうなんだ~」が浮かびましたら幸いです。

次回からは保険審査の事例をいくつかご紹介しますね。

長いシリーズでしたが、

ここまで読んでいただいてありがとうございました(^^)

アーカイブ